DHC株式詐欺
コラムその11  2004/3/18

初心者投資の週1コラムは木曜更新です。
ご意見・ご感想はこちらまで。

↑お気に入りにドウゾ↑


先日の日経新聞で健康食品・化粧品の大手「DHC」の株式を使った詐欺事件の報道がありました。実は、この話、ブローカーからわたしの所にも話が来たものですから、他人事じゃない、という感じがしました。

私のところには、DHCの他に、ネット銀行の株券の話が来ました。断った理由は、その会社の「財務」がわからないので、今回は辞退するといいました。


事件としては、単純です。

上場前の株式がある、上場すれば何倍にもなる、という話で大金を巻き上げた、という顛末です。結局、その詐欺被害者は「DHC」とかかれた紙切れを大金を出して買ったわけです。おそらく、その被害者は「名のある」会社だから、その会社をわかったような気でいたのでしょう。

ピーター・リンチの書籍の中で一番、勉強になった投資の格言は
「会社というものはキャッシュを生む工場」という表現です。

例えば、あなたが工場を買うとします。

単に有名だから、という理由では買わないと思いますw
(あたりまえですが。)

例えば、トヨタの工場を買った、なぜならトヨタだから、といって登記簿謄本を見ないで買うのです。

こういった、上場後には何倍にもなる、という株式がらみの事件は多々あると思います。(リクルートも上場前でおいしい、という事件でしたね。逆にいえば、国会議員レベルでないとおいしい話はない、ということなのか?!)

真実、私も1口乗ってみようかな、と思ったのは事実です。1口20マソくらいでした。ちょうどそこのろ、健康食品の業界を分析していた時でもありました。う・・・ん・・・財務諸表もないのだが・・・有名だし・・・。

この状態が「欲」との戦いなのでしょう。株式投資をしていると、何度も自分の欲と戦う事があります。「欲」をねじ伏せるのは単純な「常識」とつくずく感じた事件でした。まず、数字を読まないと。

まあ、ぶっちゃけアレほど手の込んだ詐欺をやられると騙されないほうがおかしいのですけどね^^;ドラマや映画並の詐欺師ですね。

単的な感想
グリーンブラッドであれば、「DHC」の役員の動きを掴むために走り回るのだろうなぁ・・・




 Copyright (C) 2003〜 初心者投資  くらげ All Rights Reserved