東京三菱銀行とUFJ銀行の合併
コラムその29  2004/7/25

初心者投資の週1コラムは木曜更新です。
ご意見・ご感想はこちらまで。

↑徒然なるままに↑


少しサボってしまいました。暑いので食当たりになってしまいました。申し訳ない。

さて、先週の大きなニュースといえば、世界最大規模、確か150兆円の銀行が合併によって誕生する事でししたね。さて、UFJといえば、「不動産」でしょう。

ライオンズマンションで有名な大京、開発で知られる籐和不動産が、UFJグループで大きな重荷になっていたのは周知なのですが、債務免除や債務の株式化などで両者のバランスシートは良好な形になったといえます。それが、株価に反映されてますね^^

最初、UFJと東京三菱の合併話を聞いた時、「あ、大京と籐和はやっぱ悪かったんか」と思いましたが、ニュースをよく読むと違っていました。というのもそれら両者以上に(現段階で)アブナイ会社の存在が炙り出てきました。恥ずかしながら、この会社の名前は初耳でした。


その名も「双日ホールディングス」。

さて、双日ホールディングスを私の好きなヤフーファイナンスで検索してみました。UFJホールディング、大京、籐和不動産、そして・・・双日ホールディングス。

改めてみると・・・UFJはよく値段がついてるなと思いました。不思議だ・・・?!全く買う気にならないのだが・・・^^

大京・籐和は金融支援で何とか小康状態。(これも投資不適格。)


そして最後の双日ホールディングス。
2004年3月期の当期利益は-33,609百万円。有利子負債は1,992,726百万円。

ん・・・・・・・・これまで、当期利益の10年分を持って有利子負債を返済できるか否かがポイントであったが・・・これは?!


返せないじゃん!!!!
借金は増える一方で、返済無理って感じですね。

こんな企業普通みないから、ちょっと戸惑っちゃいました。
このコラムがあるから調べたけど・・・こんな会社の株式を売買するのは、本当にブレイブハートの持ち主だなぁ、としみじみ感じました。

単的な感想
無理。




 Copyright (C) 2003〜 初心者投資  くらげ All Rights Reserved