自動販売機の投資利益率
コラムその32  2004/8/12

初心者投資の週1コラムは木曜更新です。
ご意見・ご感想はこちらまで。

↑雑文集です。ドゾ。↑


先日、テレビを見ていると自動販売機について放送されていました。自動販売機をぶっ壊した時の賠償金はいくらか、というのが趣旨でしたが、その賠償額をはじき出すところで、自動販売機の1日の平均売上高が紹介されました。

それによると、1日あたり「2,880円」が平均売上高ということです。ざ〜〜と調べた所、フルオペという自販機の設置及びメンテナンス、商品の補給やらゴミの掃除やらをすべて業者にやってもらうと、だいたいマージンは15〜20%とのこと。

1日2,880円、1カ月30日として86,400円が一ヶ月の売上・・・マージンは15〜20%だから月にして17,280円(20%計算で)の利益となります。

確か、タバコ屋のおっさんに聞いたところ、タバコ1箱売れて手に入るのは10%、270円の煙草だと27円の利益となるとのこと。10箱売って、270円の収入となるのです。意外に儲けてないですね。

2880円・・・ジュース(@120円)だと1日24本、売っていることになります。

まあ、1日24本も売り上げる自販機なんて少ないと思いますけど、平均なので。売れてるとこはめっさ売れてるでしょうが、ダメなとこは全くダメで、電気代等で赤字も出てるとこも多そうです。

1ヶ月で考えると、720本売らないといけない。で、一ヶ月の利益が17,280円だから、1本あたり24円。1本120円だから20%の利益率となります。


この話と株式投資、どんな関係があるのでしょうか?それはね、実際、自販機を設置しようかと思ったらいろいろ考えるでしょ、ということ。

自販機の最近は、ほとんどがフルオペといって、業者が商品の補充からゴミ捨て、メンテまで全部やってくれます。つまり、オーナーにとっては、自動販売機というビジネスをしようと決意して、その権利を買えば、ほとんどやれる事はないのです。設置したとこの周りのゴミ拾いくらいでしょうか?!

株も同じです。買えばもう何もすることはできません。売るか、持つか、だけです。(カラとかはありますけどー^^)

大体一台あたり、自販機は50万くらいします。

株式の売買を、同じくらいの労力を投入しているか?と自問。バフェットは銘柄を探すにあたって、20回くらいしか投資のチャンスはないと思え、といっています。そのくらい、一回あたりの取引に尽力すべき、と解釈してます。

株式は、流動性が高くすぐに売れるから、つまり即値段がつけられる性質があります。安くしか売れないときもありますが、まったく売れないという状況はめったにないでしょう。

もし、その流動性がなくても買えるか?

最近、あまり良くない株を安易に買ってしまったもので、自戒の意味を込めて。。。

単的な感想
煙草全体の売上:4兆7千億。

うち、税金に2兆9000億、タバコ製造販売会社等に1兆3千億円。
で、のこり5千億が町の煙草屋さんに向かうお金です。

61%が国家のものかwww




 Copyright (C) 2003〜 初心者投資  くらげ All Rights Reserved