関西電力美浜原発事故と株価
コラムその34  2004/8/26

初心者投資の週1コラムは木曜更新です。
ご意見・ご感想はこちらまで。

↑雑文集です。ドゾ。↑


関西電力の美浜原発で、水蒸気もれによる事故が発生しました。

一連の事故を鑑みると、電力の自由化による競争の激化→やらない検査はやらなくてもよい→検査をしない見落とし箇所が増える→今回のような一度も検査(非破壊検査)や調査を行なっていない所で事故発生、という流れのようです。

事故の被害者の方に深くお悔やみ申し上げます。ふつう、「あそこの現場いってきて」「リョウカイ〜」で行った現場先であんな事故が起きるとは思わないでしょう。たまらないと思います。

今回の事故によって、関西電力の株価は5%ほど下落しました。電力・ガスといった公企業は安全な投資先とされてきました。今回の事故によってかなり、そのイメージを修正しないといけないと思いました。

原発みたいなエゲツナイものを私企業が運営していけるのかどうなのか、という問題を抉り出した気がします。企業のある部分では自由化の波に晒され、ある部分ではエネルギー政策に翻弄され、自由に利益を追求できない組織・・・かなり経営環境は悪化しています。

また、今回の事件で、発電所への追加設備投資及び維持費のため経営環境がさらに悪くなりそうです。発電所などは一度作っちまえば・・・てな感じでしたが、その維持にえらいコストを掛けないといけない上に、コージェネの普及で電力を独占できない苦しみ。

独占企業が独占でなくなったとき、その強みはなくなります。マスコミ等で強調されるように、これまでの不祥事企業同様、あらたな強みを得て、厳しくなる経営環境を乗り越て、新企業に変化できるでしょうか?

しかしながら、わたしはその様な困難な事が達成されたとしても、独占色がなくなった電力会社には魅力を感じないでしょう。コージェネ関連はその技術の発展でこれまでの工場クラスからマンション、さらには一般家庭にまで普及ができる見込みです。ますます、厳しくなるのか単にオイラの予想外れか?!

単的な感想
5%以上の下げが進行している気がしてなりません。




 Copyright (C) 2003〜 初心者投資  くらげ All Rights Reserved